わかちゃんの何でも写真館

撮った写真を自画自賛するブログです v(´∀`)v

いつもの暮らし

とうとう二人の〝不規則男子〟がそれぞれの持ち場へ帰って行きました

主人は長期出張になった為 土日に帰宅の生活に突入です

一人が出勤すれば一人が帰って来る… 一日中ご飯を作っていたような気がします


そこで今日はずっと行けなかった母の所へ様子をうかがいに行って来ました

実家が近くなるとあちこちに蓮田が見られます

この時期は食用の蓮の花が満開です

車を停めて白い蓮の花でお花見です






大賀蓮とは違った美しさに引き込まれます
蓮A 


蓮B 


蓮C 


蓮田の畦道に咲いていた可愛い花 (オモダカ)
オモダカ

不規則男子 2名

毎日毎日暑いですが皆さんは如何お過ごしですか

私は暑い中でも何とかやっていますが 今回のブログタイトルに書いた通り

不規則な生活をする二人の男子に翻弄される日が続いています

その内の一人は勿論我が旦那様…

ここしばらく(10日以上)夜中の2時、3時に仕事に行く事が多く

帰りの時間も昼過ぎだったり遅かったりです

そして先週からもう一人不規則男子が加わり(三女のダンナ)、

ハチャメチャな生活パターンに引きずり込まれています

この娘のダンナが主人に輪をかけた様な不規則就業で

帰って来る時間がまるで分かりません

そんな訳で突然ブログのコメ蘭を閉じた次第です。

この状態がもう少し続きそうなので暫くこのままコメ蘭は閉じさせて頂きます


そろそろ不規則男子が一人帰って来るころです・・・

お昼ご飯の仕度しなくっちゃ


水元公園の大賀蓮
hasu B


   hasu A


四角(笑)
   Hasu 046
続きを読む

水面(みなも)に映る


波紋を作り出しているのは.....  メダカです

052_20170711091809a1a.jpg



やがて水に溶け来年は花に生まれ変わる?
259.jpg

影の魅力

鮮やかな紫がかったピンク色の大賀蓮が大好きで

毎年のようにカメラに納めています

水滴が欲しくて朝早く大賀蓮のあるところへ出向いても

今年の空梅雨はなかなか滴との出会いを許してくれません

そんな時、ふと目に着いたのが〝影〟でした

朝と言っても体感温度は高いのに蓮の葉で出来た影を見ていると

何故か涼しさを感じる自分がいました



蓮の花そっちのけで撮った影(笑)
名付けて「影の二段活用」です ^^  <7:42>
影B

上の写真を撮ってから30分ほどすると わずかですが
影の位置が動いているのが分かります!  <8:12>
影A


これも重なるような葉っぱの影が楽しい♪
影C


水面が小さな水草で覆われているので一層面白くしてくれてますね~
影D








気ままに生きる

アマガエルの子
まだ小さいけれど見た目はちゃんと「カエル」です

母が美容院… じゃなくて、床屋で髪を切ってる間 霞ヶ浦近くの畑を

歩いているとやたらあちこちでピョンピョン跳ねる緑色

その正体はちびっこアマガエルたちでした

気ままに生きて悩みなど無いように見えるカエルでも

その生涯は前途多難なのでしょうね…

九州北部では豪雨による甚大な被害が出ています。

一日も早くおさまって欲しいと願う一方、

関東地方では空梅雨でダムは渇水状態・・

バランス良く降ってもらえないものでしょうか

無理と分かっていても、自分勝手と言われても願ってしまいます



ススキの葉に映る丸い影
影


これじゃ捕まえられないね ^^;  
ニアミス


ラベンダーの上でこっちを見ているカエル
花に乗る


Y字になってるヒマワリの茎で一休み
Y字休憩

チロリアンランプ

私は良く花とフェンスなどのコラボ写真を撮るのですが

今回出会ったシーンにはとっても感激しています

水平に伸びた茎とそこから垂れ下がった花の並び具合が

何とも可愛らしく 「何て可愛いんだ!」と声に出してしまったほど…

このチロリアンランプは水元公園の帰り いつもの道を一本ずらして

帰った為に会う事が出来たのです

「ちょっと遠回り…」と思っても嬉しいシーンに会えるなら

たまには違う道を歩いてみるのも良いかもしれませんね 

チロリアンランプ

カイツブリ in 大阪

今はツバメをはじめとする色々な野鳥が次の世代へと命を繋ぐ季節ですね

ついこの間、我が家の玄関先からも5羽のツバメが巣立ったばかりです

そこで今回は大阪の「深北緑地公園」で子育てに奮闘するカイツブリを
紹介したいと思います

ちょっと強面の親鳥はどうして強面なのかよ~く見ると目が金色なんですよね^^;
でも雛の目はまだ黒くて(茶色かな?)幼さが伺えます^^

その辺も見て頂けると嬉しいです



6月中旬ごろに4個の卵が産まれました
抱卵6月中旬


6月21日 1羽が先に誕生  巣にいる親鳥の直ぐ左側に雛がいます
6月22日1羽誕生


それから間もなくだと思いますが無事に他の3個も孵りました
4羽誕生


きっとこの様子だとご飯待ちかな?
ご飯まだかなぁ


ちょっと見え難いかも知れませんが上側にいる親鳥が雛に小魚を食べさせています
上側の親鳥から餌をもらう雛


公園内の看板にお行儀良く一直線に整列! 可愛いですよねぇ
かしましスズメ


今回の写真は全て大阪の「まっちゃんさま」からお借りしました!
まっちゃん、ありがとうございました<(_ _)>

思わぬ贈り物

母を見舞い中にかすみがうら市に住む姉から「綺麗な蓮の花がいっぱい咲いてるよ!」と

連絡が入りました

退院したばかりの母を連れ出すのはちょっと無謀かな?と思ったけれど「行く!」と言うので

〝気分転換〟を名目に片道15分ほどの短いドライブに行って来ました

行って見るとこれまでの大賀蓮とは違う咲き方をしている様子に驚いたのでした




良く見ると蓮の葉もいつもと違います! そうです、水面に浮いてるのです^^;
大賀蓮A


花も水面ギリギリのところで咲いてるのもあります
大賀蓮B

姉の解説によると水深の深いところの大賀蓮がこの様な咲き方を
しているのだそうです。(因みに姉は蓮農家)
大賀蓮C


それにしてもこの様な蓮の花と葉を見たのは初めて
大賀蓮D

こんなにたくさんの蕾が咲き待ち状態です
(この部分は水深が浅い為、いつもと変わりません)
大賀蓮F

輝く果実

散策をしていて出会うのは綺麗な花や虫達とばかりは限りません。

余所のお宅の庭や玄関先にも可愛い果実が〝その時〟の為の準備をしています

その色や形に魅了され つい足を止めてしまいます



このお宅のぶどうはほぼ毎年豊作です
ぶどう


ぶどうのある家から100mほど進むと今度はラズベリーを育ててる家があります 食べ頃までもうちょっとかな・・
ラズベリー


秋の味覚と言えば「栗」は外せませんよね 栗ご飯も良いし甘露煮も大好き
ワカグリ

紫陽花もとめて東漸寺

松戸市北小金駅近くにある東漸寺へは

春の桜の時期に行ったきりでした

紫陽花が見頃を過ぎていたのは分かっていたけれど

東漸寺にも咲いていたのを思い出し

もしかしたら嬉しい発見があるかも…

と期待を膨らませて行って来ました



まず目に飛び込んで来たのは緑一色の世界!
058_20170629093450046.jpg


このモミジに魅かれてしまいました
071_2017062909240784e.jpg


参道の左右奥に紫陽花が植えられていますがやはり終わりの様でした^^; 
049_20170629092405923.jpg


そこで珍しい虫さんに出会いました  「ムーアシロホシテントウ」
ムーアシロホシテントウ




  
次のページ

FC2Ad